民間救急という選択肢

こんにちは。

福祉輸送事業部の藤田でございます。

皆様いかがお過ごしでしょうか?

ワクチンの接種が始まり、感染者数も少なくなってきました。

少しずつ希望の光が見えてきましたね。

でもここで気を緩めるとまた戻ってしまいますので

今しばらくの辛抱です。。

さて先日、お客様からこういう話を聞きました。

救急車を要請してから病院に落ち着くまで6時間かかったと・・・

ぬあんと6時間も受け入れてくれる病院がなかなか見つからずさまよったそうです。

これは極端な例ですが、少なからずこのようなことが起こっているようです。

これもコロナの影響でしょうが、困った状況です。

一刻も早い事態の収拾を願うばかりです。

私たち民間救急をうまく活用してほしいところですね。

・・・年中無休24時間対応しますのでお電話お待ちしてます。

※携帯電話への登録をお願いします

DSC_0188